2019年10月16日水曜日

令和元年度第3回杉並区議会定例会が閉会しました!!

9月10日から36日間の会期で開かれていた定例会、昨日、議案12、認定議案5などすべてを可決して閉会しました。内容は以下のようです。

(総務財政委員会付託議案)
〇議案第56号 杉並区職員の倫理の保持及び公益通報に関する条例の一部を改正する等の条例(起立多数で可決)
〇議案第57号 杉並区会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例(起立多数で可決)
〇議案第63号 土地の取得について(起立多数で可決)
〇議案第64号 令和元年度杉並区一般会計補正予算(第3号)(起立多数で可決)
(区民生活委員会付託議案)
〇議案第58号 杉並区印鑑条例及び杉並区住民基本台帳に係る個人情報の保護に関する条例の一部を改正する条例(可決すべきものに異議なし)
(保健福祉委員会付託議案)
〇議案第59号 杉並区高齢者活動支援センター及びゆうゆう館条例の一部を改正する条例(起立多数で可決)
〇議案第60号 杉並区がん検診精度管理審議会条例(起立多数で可決)
〇議案第61号 杉並区胃内視鏡検査による胃がん検診精度管理審議会条例(起立多数で可決)
〇議案第62号 杉並区特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営の基準に関する条例及び杉並区立子ども・子育て支援法に基づく過料に関する条例の一部を改正する条例(起立多数で可決)
(都市環境委員会付託議案)
〇議案第65号 特別区道の路線認定について(可決に異議なし)
(決算特別委員会)
〇認定第1号 平成30年度杉並区一般会計歳入歳出決算(起立多数で認定)
〇認定第2号 平成30年度杉並区国民健康保険事業会計歳入歳出決算(起立多数で認定)
〇認定第3号 平成30年度杉並区用地会計歳入歳出決算(起立多数で認定)
〇認定第4号 平成30年度杉並区介護保険事業会計歳入歳出決算(起立多数で認定)
〇認定第5号 平成30年度杉並区後期高齢者医療事業会計歳入歳出決算(起立多数で認定)
(追加人事議案)
〇議案第66号 杉並区教育委員会委員の任命の同意について(起立多数で同意)
〇議案第67号 杉並区教育委員会委員の任命の同意について(起立多数で同意)
(総務財政委員会請願)
〇1請願第1号 固定資産税及び都市計画税の軽減措置の継続について意見書の提出に関する請願(起立多数で採択)
〇1請願第2号 固定資産税及び都市計画税の軽減措置の継続について意見書の提出に関する請願(同一内容のためみなし採択)
(委員会提出議案)
〇委員会提出議案第1号 固定資産税及び都市計画税の軽減措置の継続を求める意見書(起立多数で可決)

以上の採決結果で本会議が閉会いたしました。

なお、認定5議案については、10月1日から11日まで連日、全議員を委員とする決算特別委員会を設置し、各会計決算に対する審査を行いました。その内容は、委員会録画をご覧ください。
私は、4つの区分で行われた決算審査の内3つの区分の質疑に立ちました。第2区分・議会費、総務費、生活経済費、職員費に対しては、議会のセキュリティーについて、総務費に対しては、期日前投票所について、生活経済費に対しては、上井草スポーツセンターの施設について、都市農地・農業について
第3区分・保健福祉費(保健福祉員会委員長のため質疑せず)、環境清掃費に対しては、区の地球温暖化対策への取り組みについて、3つの特別会計は質疑せず。
第4区分・教育費、都市整備費に対しては、区立学校の老朽校舎等あい地区などについて、区内の生産緑地の保全について、杉並区多世代が利用できる公園づくり基本方針について、公園の流れ等保守について、それぞれ質疑をいたしました。

区民の皆様のへの行政サービス向上の視点でしっかり議員活動をしております。皆様の思い!是非お聞かせください!!

2019年8月1日木曜日

筆不精になってしまいました!!

東京も寒かった梅雨が明け、連日の猛暑が体に堪えますね!
特に、今年の梅雨は気温が低かったため、体が暑さに順応する間もなく急激に高温にさらされ、ぐったりです。我が家の緑のカーテンは、長引いた梅雨のおかげでダメージを受け、早々キュウリは枯れてしまいゴーヤですら元気がなくなっています。これからが夏本番なのに、植え直すか思案中です。

さて、春の区議会議員選挙は、大勢の方からの信任を頂き、再選を果たすことが出来ました。お応援をしてくださった方々に心より感謝申し上げます。そして、これからも今まで同様に生まれ育った地元地域の代弁者として、更には杉並の将来を見据えながらしっかりと職責を果たしてまいる所存です。そのためには、多くの方々からのご意見、ご要望、ご提案が活動の礎となります。是非、皆様のお話をお聞かせください。お待ち申しあげております。

本年4月の選挙後すぐ、元号が「令和」となり、5月30日から6月18日まで令和最初の定例会が開かれました。私は、初当選以来、一貫して第2回区議会定例会では区政一般に対する質問を欠かさず行っており、今年も行いました。
質問内容は大きく5つ、一つは、梅雨や台風、ゲリラ豪雨をひかえた時期ですので、善福寺川の水害対策について、この間の取り組みの進捗状況などを含めて質問しました。二つには、西武新宿線の開かずの踏切を無くす鉄道連続立体交差化について、私が要望をしていた事業に伴う環境影響評価への調査項目やその後の事業の進み具合について質問しました。三つ目は、防災減災対策について、昨年の大阪北部地震で大きくクローズアップされた危険ブロック塀対策のその後の取り組み状況などについて質問しました。四つ目は、区立施設再編整備計画について、私の地元にある旧杉並中継所の清掃事業以外への利用が出来ない期間の20年が終わることから、施設の再整備では地元の要望を聞きながら地元地域の発展につながる施設となるよう、また、施設整備の検討へ地元の方も入れるよう質問しました。五つ目は、東京オリンピック・パラリンピックについて、ブラジルで2020年のオリンピック開催都市が東京に決定された直後から一貫して要望してきた、聖火リレーのコース決定への取り組みについて質問をしました。聖火リレーは、来年の7月18日の午前に区立桃井原っぱ公園から東へ走り始めます!!みなさん出発式など聖火リレーを公園で見ましょう!!以上が質問の概要です。詳細は、杉並区議会のホームページから視聴できる本会議録画中継の5月31日をご覧いただければ幸いです。
今後も、一般質問は年2回のペースで行ってまいります。今年は、第1回定例会でも行いましたので、第4回でも予定しており3回になりますね。しっかり区政を正して行きます!!

さて、7月初めから会派の控室のカーペットの張替えや会派の人数の増に伴う控室の拡張レイアウト変更などが終わり、7月22日に自席の復旧作業をしました。


また、7月27日には暑くなってのタイミングで、地元の商店街の町を冷やす行事「打ち水大作戦」に参加しました。
そして、報道がされたのか定かではありませんでしたが、東京オリンピック・パラリンピックの記念100円硬貨(6種類)が発行されたので交換しました。来年の7月には、記念の500円硬貨も発行されるようです。それも交換を楽しみにしています。



さて、今日から早くも8月、今日1日と明日2日の二日間で、今年2回目の臨時会が開かれます。当初は、10月から予定されている幼児教育・保育の無償化に向かた財政措置をするための補正予算を組むことと、根拠となる関係条例の改正などが内容でした。

しかし、このところマスコミでも報道されている商店会振興のための東京都と杉並区の補助金を不正受給した問題が起こり、これに対する財政措置も必要となり、今回の補正予算案に組み入れることとなりました。ただ、不正の全容が解明されていないことなど、臨時会の開催理由が急遽逆転してしまったことには、私も驚いています。
いずれにしても、区民の方々からお預かりしている大切な税金の適正な支出!!しっかりと説明がつくように問題の究明と再発防止に努めてまいります。

2019年4月11日木曜日

いよいよです!!

みなさまこんにちは。

いよいよ任期満了に伴う杉並区議会議員選挙の告示まで3日となり、慌ただしく諸事をこなしております。
今朝は、風が強いこともあり駅頭はとても寒かったです。

それにしても、3月中旬に平成31年第1回杉並区議会定例会が閉会してから5月下旬に開かれる令和元年第2回定例会の間の期間は、区役所の人事異動をはじめ、年度当初の事業の動きを含めてしっかりチェックが出来ず、歯がゆい思いをしております。

平成最後のこの時期に選挙は大切ですが、私の活動には大変マイナスになっています。ただ、区民の方々からすれば、議員のまた議員になろうとする方への評価を下す時でもあり、しっかりと採点して頂き、早く平常の日々に戻り、地元地域の方々をはじめ区民の皆様のために活動したいものです。

2019年3月1日金曜日

更新が滞っていました!!

皆様こんにちは。
○昨年の11月3日には、地元の桃井原っぱ公園にて恒例となった「すぎなみフェスタ」が行われ、私の提案で会場を移して同時開催になった「杉並区農業祭」に伺いました。
また、それに先立ち、同公園内で「杉並区平和都市宣言30周年記念植樹式」が行われ、私も植樹に参加しました。植えた木は、広島の原爆投下で残った「アオギリ」の二世木で、今後の恒久平和を願いながら植えました。











○平成30年第4回杉並区議会定例会が11月16日に開会し、例年同様、初日に区政一般に対する質問をいたしました。質問項目は、1.防災減災対策について 2.まちづくりについて 3.2020東京オリンピック・パラリンピックについての3項目でした。
何といっても、地震、豪雨、台風といった大きな災害が頻発した年であったことから、区の防災減災対策について考え方や取り組みを正しました。
次には、区内最大の交通結節点である荻窪での区のまちづくりに取り組む姿勢とスケジュールなどについて正しました。
また、西武新宿線の開かずの踏切を無くす鉄道の連続立体交差事業への取り組み状況、そして様々な影響を受ける沿線住民との話し合いをしっかり行うこと、更にはオール杉並で事業促進を要望する組織づくりをするよう区に求めました。
最後に2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に伴う、聖火リレーのコースとリレーの内容、更にオリンピックのレガシーとなる様な催しを企画しているのか区の考えを正しました。【詳細は、杉並区議会のHPから議会録画中継をご覧ください】

○11月18日には、伝統文化の継承活動の一つである、区内各所に残る祭り囃子の発表会がセシオン杉並で「杉並区伝統芸能大会」と銘打って開催されたことから視聴に伺いました。








○12月9日には、都立済美山運動場を会場として「杉並区中学校対抗駅伝大会2018が行われ、例年の様に中学生に走りを応援に伺いました。








○12月10日は、私の所属する道路交通対策特別委員会で東京外かく環状道路工事の大泉ジャンクション部での工事視察をいたしました。









○12月13日には、区民生活委員会の副委員長として「平成30年度杉並区技能功労者表彰式」に出席いたしました。様々な職種の方々25名が表彰されました。おめでとうございます!!








○12月の後半は、地元地域では防火防犯の取り組みとして「年末夜警」が各所で行われており、私も荻窪消防団員として夜警の応援に伺いました。











○年が改まり、恒例の「井草どんどやき」が行われることから、厄を払うためもあって伺いました。








○1月13日、私の所属する荻窪消防団の始式に団員として出席しました。









○1月20日は、私の氏神様が祀られている井草八幡宮の太鼓講中初打ち会が行われました。













○1月25日、文化財防火デーであることから、神社での消火訓練をいたしました。写真右の後ろが私です。












○1月26日、東京外かく環状道路(関越~東名)のシールドマシーン発進式が大泉ジャンクション部で行われ、来辺で伺いました。














○2月13日は、突然降って湧いた様な「西武新宿線の井荻~西武柳沢間の連続立体交差化事業の素案説明会」が杉並区立井草中学校で行われ、構造形式を含めた説明がありました。

○そして、翌日の議会での一般質問、トップバッターで前夜の説明会での内容や地域の方のお気持ちを含めて質問をいたしました。

2018年10月25日木曜日

平成30年第3回杉並区議会定例会の前後!!

筆不精になってしまい申し訳ございません。

                                                                                                                                    さて、9月7日には、地元の上井草給水所での災害時給水ステーションの利用方法など、応急給水訓練に参加しました。浄水所の塩素殺菌された水をもらいますが、念のため上水の塩素濃度を試薬で測りOKであれば給水することとします。ステーションには、そのための塩素濃度を測るキットも常備されています。

9月には、私の氏神様でもある井草八幡宮の今年の例大祭用のポスター!私が神輿を担いでいる写真が使われていました。嬉しいですね!!!

                                                                                        10月7日には、杉並区区民体育祭弓道大会に出場し、団体の部で3位になりました!!
個人の部では、残念ながら4位でした。







★今年の第3回定例会は、9月10日から10月16日まで37日間の会期で開かれました。以下、上程された議案と採決の結果です。なお、最終日の採決は、付託先の委員会順になります。
【総務財政委員会】
○議案第51号 杉並区個人情報保護条例の一部を改正する条例(全員賛成)
○議案第52号 杉並区行政財産使用料条例の一部を改正する条例(起立多数で可決)
○議案第53号 杉並区事務手数料条例の一部を改正する条例(全員賛成)
○議案第54号 杉並区議会議員及び杉並区長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部を改正する条例(全員賛成)
○議案第57号 杉並区上井草運動場人工芝改修その他工事の請負契約の締結について(全員賛成)
○議案第58号 平成30年度杉並区一般会計補正予算(第2号)(起立多数で可決)

【保健福祉委員会】
○議案第55号 杉並区立保育所及び小規模保育事業所条例の一部を改正する条例(全員賛成)
○議案第56号 杉並区立児童青少年センター及び児童館条例の一部を改正する条例(起立多数で可決)
○議案第59号 杉並区立堀ノ内東保育園の指定管理者の指定について(起立多数で可決)

【決算特別委員会】
 決算特別委員会では、最終日に会派を代表して私が各認定案に対する意見表明・意見開陳を行いました。その模様は、区議会HPの委員会録画中継で見られます!!

○認定第1号 平成29年度杉並区一般会計歳入歳出決算(起立多数で認定)
○認定第2号 平成29年度杉並区国民健康保険事業会計歳入歳出決算(起立多数で認定)
○認定第3号 平成29年度杉並区用地会計歳入歳出決算(起立多数で認定)
○認定第4号 平成29年度杉並区介護保険事業会計歳入歳出決算(起立多数で認定)
○認定第5号 平成29年度杉並区後期高齢者医療事業会計歳入歳出決算(起立多数で認定)
○認定第6号 平成29年度杉並区中小企業勤労者福祉事業会計歳入歳出決算(起立多数で認定)

【区民生活委員会】
○29陳情第8号 2017年度「給与所得等に係る市町村民税・道府県民税特別徴収税額の決定・変更通知(特別徴収義務者用)」への個人番号記載の中止を求める陳情(起立多数で不採択)
○30陳情第2号 市町村民税・都民税特別徴収税額の決定・変更通知書への個人番号記載中止を求める陳情(起立多数で不採択)
○30陳情第11号 上井草スポーツセンター利用者懇談会に関する陳情(起立多数で不採択)
○30陳情第12号 上井草スポーツセンターの安全性に関する陳情(起立多数で不採択)

【文教委員会】
○30陳情第20号 高円寺小中一貫校特別支援学級中学生教室の中学生フロアへの設置を求めることに関する陳情(起立多数で不採択)

第3回定例会が閉会した翌日から2日間の日程で私の所属委員会である区民生活委員会が行政視察を行いました。
(10月17日)大阪府阪南市・「ふるさと納税型クラウドファンディングについて」「インバウンド観光誘致について」の二項目で視察いたしました。
(18日)愛知県一宮市・「市民が選ぶ市民活動支援制度について」の視察をいたしました。



2018年8月4日土曜日

しばらく振りの更新です!!

選挙などがあり、ブログの更新をする心のゆとりがありませんでした。
そう言いながらも、視察などすることは次々に訪れます。この間の事を書くことにします。
今年度に入り、地元の上井草スポーツセンターのテニスコートが閉鎖となり、地価の水道局の貯水槽改修がはじまりました。工事に入る前に、3年半ほど閉鎖ということから、代替コートの確保を要望し、自身もコート確保の折衝などしましたが、コートの面積が広く、そうした場所を新たに整備することはさすがに困難でした。そして、5月には掘削がはじまりました。並行して、周辺の都立高校のテニスコートが登録することで空いている時は使わせてもらえることから、地元のサークルなどにお伝えしました。

下井草には、以前から荻窪消防署の下井草出張所があり、庁舎の改築が行われており6月16日に落成式が行われ参列しました。新庁舎の落成と合わせ、地元の願いであった救急隊編成が実現し、同時に発隊式が行われました。よかったです。当日、この春就任した私も所属する荻窪消防団の新団長と一緒に祝いました。

7月に入っては、今年度には廃止となる小田原少年院を視察する機会があり、当日とても暑かったですが、施設内を見学しながら明治からの歴史を感じました。入所者は、小学校高学年から23歳までの男子とのことでしたが、小学生などは入所していないようでした。

自民党会派の行政視察を今年も行いました。テーマは、事業経費削減や官民連携による新たな事業手法の研究として、幾つかの自治体にお願いし、受け入れて頂けた奈良県天理市と京都府京都市に伺いました。天理市は、ソーシャル・インパクト・ボンド(成果連動型官民連携)による「認知症予防の取り組みについて」、京都市は、公園再整備における官民連携の取り組み「市立梅小路公園の再整備における水族館や鉄道博物館の設置について」調査いたしました。京都市は、最近提唱され始めたparkーPFIにつながる取り組みとして視察しました。


連日の猛暑日でさすがに体もぐったりですが、どれ程の実温度かを赤外線放射温度計を使い午前9時に測定してみました。自宅のウッドデッキは蓄熱するのか59度、自宅前の舗装道路は52.1度、緑のカーテンの表面44.7度、屋内のエアコン吹き出しは28.4度、こんな状況でした。日中では、町を歩けば40度はあるでしょうね。










21日には、徐元善福寺公園に整備がされた遅野井川浸水施設開園式に参列しました。
母校の区立桃井第四小学校の児童や井荻小学校の児童がみんなの願いで整備された場所、今後みんなで育てていきたいですね。

26日には、農業の視察に行きました。区内のトマトをハウスにより栽培している農家では、液肥栽培で二酸化炭素発生機や暖房設備、雨滴感知器などを設置しICTを活用しての農業を展開していました。立川にある都の農林総合研究センターでは、更に様々な試験栽培、そして栽培へのICTの導入実験を視察しました。最後に小平市では、農産加工施設を自宅に整備し、果樹によるジャムづくりや作物利用による料理教室の施設を視察しました。


8月に入り3日には、永福体育館の落成式があり隣のひまわり公園の現状なども含め視察しました。ビーチスポーツが出来るコートも整備されており、以前、日本代表で会った、区内在住の朝日健太郎参議院議員も来られておりました。多くの区民に親しまれ沢山利用されることを願っています。




2018年4月19日木曜日

移築されている「荻外荘」の視察をしました!!

4月16日に豊島区駒込に移築されている「荻外荘」の一部の視察をいたしました。
駒込には、近衛文麿が政治的会談を行った客間をはじめ応接間が移築されています。特に、客間は荻窪会談(第二次近衛内閣成立直前に、大臣予定者とドイツ、イタリアとの関係について話し合われました。その後、日独伊三国同盟が締結された。)等が行われ、写真も残っています。ただ、現在は、団体の研修施設として使われており、部屋の中を見ることは出来ませんでした。






応接間は、天井に龍の絵が描かれています。窓は、枠がデザインされ、落ち着いた感じでした。窓ガラスは、割れたのか部分的に新しいものになっていました。また、壁や扉には、けやきの一枚板が使われていました。客間周りの窓もデザインされたもので、窓ガラスは平坦性が悪く歪んで見えることから、昭和初期のガラスと思われます。こうしたガラスは今では大変貴重と考えます。



             応接間の天井









応接間の外観

玄関の向きは、荻窪時代とは変えられて使われていました。玄関外のたたきに張られたタイルにも龍の姿が焼かれていました。建物の外観は、外壁や軒裏にもこだわりが見られました。







建物の設計は、築地本願寺を設計した事でも名が知られている「伊東忠太」氏によるもので、昭和初期の創建時の平面図なども残っています。



               現在の玄関
 荻外荘は、平成28年3月1日に国の史跡に指定されました。この荻外荘を創建当時の様に復元することに対しては、色々なお考えやご意見をお持ちの方が居られると思いますが、日本の昭和史に残る様々な事柄の舞台になった場所であり建物です。国の、そして杉並の歴史的財産として後世に残して行くことは重要と考えております。今後は、持ち主のご理解と移築に係る費用など、様々な課題を解決しなければならないと考えますが、荻外荘を元に戻せるよう私も最大限努力してまいります。                  













客間の外観